スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
デトマソ パンテーラ

デトマソ パンテーラ 復活へ…600psエンジン搭載か

2011年3月のジュネーブモーターショーで復活を果たしたイタリアの名門、デトマソ。その復帰第2作目となる『パンテーラ』の中身が見えてきた。 これは7日、ドイツの自動車メディア、『Auto Bild』が伝えたもの。同メディアによると、新生パンテーラのミッドシップには最大出力600psクラスのV8エンジンが与えられ、これを1200kg以下のアルミ製軽量ボディに組み合わせるという。

オリジナルのパンテーラは1970年、ニューヨークモーターショーでデビュー。同じイタリアメーカーのフェラーリよりも、低価格で大量生産を目的としていたのが特徴で、パンテーラは提携先のフォード製エンジンを載せ、フォードの北米販売網を通じて販売するという方式が採用された。

ミッドシップに搭載されたフォード製V型8気筒ガソリンエンジンは、5796ccの排気量から、最大出力330psを発生。最高速265km/hを誇った。1973年には最大出力を350psへ引き上げ、最高速280km/hを実現した「パンテーラGTS」が追加されている。

今回の報道が事実なら、まさにフェラーリやランボルギーニ対抗作へと昇華する新生パンテーラ。そのデビューは、9月のフランクフルトモーターショーと予想されている。





| モーター | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロータス エスプリ

ロータス エスプリ 新型、軽量版を計画か

英国ロータスカーズが、2013年に発売予定の新型スーパーカー、『エスプリ』。同車に、軽量バージョンが用意される可能性が出てきた。

これは6月30日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRES』が報じたもの。同メディアの取材に応じたロータスカーズのチーフエンジニア、Wolf Zimmermann氏は「新型エスプリには、ランボルギーニのスーパーレジェーラのような軽量バージョンを設定するつもりだ」と話したという。

その中身は、非常に刺激的。アルミなどの素材を使って軽量化したボディに、自社開発の4.8リットルV型8気筒エンジンを専用チューンした最大出力612psユニットを載せるとのことだ。

0-96km/h加速は3秒以下、最高速は340km/h超。ロータスカーズは、本気でフェラーリやランボルギーニに対抗する構想を抱いているようだ。





| モーター | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MINIクーペ

独BMW、MINIクーペを発表

 独BMWは、MINIシリーズの5番目のモデルバリエーションとなる新型車“MINIクーペ”を発表した。  MINIクーペは、これまでハッチバック、コンバーチブル、ワゴンタイプ、クロスオーバーと展開されてきたMINIシリーズのなかで、初となる2シータークーペだ。  最大の特徴は、車高が52mm低められ、ローシルエットとされたそのプロポーション。“ヘルメットルーフ”と名付けられる丸みを帯びたルーフが、そのボディスタイルを一層際立たせている。またリアにアクティブスポイラーが装備され、時速80km/h以上になると自動的に跳ね上がり、ダウンフォースを増す仕掛けとなっているのも、このモデルのユニークなポイントだ。  シャシーも、そのスポーティな出で立ちに見合ったチューニングが施される。クーペではダンパーやスプリングの専用チューンのほか、ボディ剛性の向上が図られ、さらに優れたトラクション性能を発揮させるためにフロントに荷重がかかるように前後重量配分が最適化されるなど、よりダイナミックな走りが追求されている。さらには電動パワーステアリング、DSC(ダイナミック スタビリティ コントロール)、DTC(ダイナミック トラクション コントロール)も最適化され、MINIの特徴である“ゴーカートフィーリング”がさらに高められているという。  モデルラインアップは、ガソリン仕様が“MINIクーパー クーペ(122hp)”、“MINIクーパーS クーペ(184hp)”、そして“MINIジョンクーパーワークス クーペ(211hp)”の3タイプ、ディーゼルは“MINIクーパーSD クーペ(143hp)”の1タイプが設定される予定だ。  MINIクーペは、9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーで正式デビューを飾る見込みだ。




| モーター | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MINIクーペ

BMW、MINIクーペの写真を公開

 BMWグループは、MINIの新しいモデルバリエーションとなる"MINIクーペ"の写真を公開した。

 MINIクーペは、MINIブランド初となる2シーターモデル。スタイリッシュなスタイリングとドライビングファンが追求されたスポーティな走りが特徴のモデルだ。

 今回公開された写真は、リアセクションにカモフラージュが施されてはいるが、かたちそのものは完成車と同じと見ていいだろう。フロントマスクはMINIそのものだが、フロントスクリーンから後ろは完全新設計となっている。

 ボディサイズは、全長3728mm×全幅1683mm×全高1378mm。全高はハッチバックのMINIよりも約30mm低く設定され、クーペらしいスタイリッシュなシルエットに仕上げられている。

 このほかMINIクーペならではの特徴として、時速が50kmを超えると自動的にせり上がり、高い速度域での車体の安定性を高めるインテグラルルーフスポイラーがMINIシリーズで始めて採用される。

 ラインアップは、ガソリンモデルが、1.6リッター(122hp)搭載の"MINIクーパークーペ"、1.6リッターターボ(184hp)搭載の"MINIクーパーSクーペ"、そして1.6リッターターボのチューンドエンジン(211hp)を搭載する"MINIジョンクーパーワークスクーペ"の3タイプ。このほか2リッターディーゼルターボ(143hp)搭載の"MINIクーパーSDクーペ"が設定される。





| モーター | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コルベット

コルベット 次期型、3.0リットル級へ排気量縮小か

米国を代表するスポーツカー、シボレー『コルベット』。2013年にもデビューすると見られる次期型に関して、興味深い情報がもたらされた。

これは25日、米国のメディア、『The DETROIT Bureau』が伝えたもの。同メディアによると、次期コルベットにも引き続きV8ガソリンエンジンが搭載されるが、その排気量は大幅にダウンサイジングされるという。

現行コルベットのV8は、7.0リットルのNAを筆頭に、6.2リットルのNAとスーパーチャージャーを用意。同メディアによると、次期型のV8は、排気量を一気に3.0リットルクラスへ縮小し、ターボチャージャーによって最大出力400psレベルを確保するとのことだ。

もちろん排気量のダウンサイジングは、環境性能の向上が目的。しかし、狙いはそれだけではない。同メディアは「次期コルベットは、ポルシェ『911』などの欧州製スポーツカーをライバルに想定し、排気量の縮小を図る」というのだ。

実際、ポルシェ911の現行型は、排気量が3.6〜3.8リットルクラスが中心。同メディアは、「次期コルベットは高回転志向のV8ターボで、欧州製スポーツカーのファンにアピールする」とレポートしている。




| モーター | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
BMW M1

BMW M1 復活か

BMWの高性能車、Mカーの原点といえる『M1』。BMWは、そのM1を復活させようと考えているようだ。

これは24日、ドイツ車のファンサイト、『German Car Forum』が伝えたもの。同サイトによると、BMWは新世代『M1』の開発構想を掲げており、現在はそのデザインを検討している段階だという。

ところでBMWは2008年4月、コンセプトカーの『M1オマージュ』を披露。1978年に誕生したM1のデビュー30周年を記念し、M1再来を思わせるスタイルを持った1台だった。

しかし、現在BMWが考えているM1は、これとは異なるモデルのようだ。同サイトによると、BMWの最新コンセプトカー、『ヴィジョンコネクテッドドライブ』や新ブランドの「i」から発売予定のプラグインハイブリッドスポーツカー、『i8』のイメージを反映させたデザインになるという。

現時点では、開発構想の初期段階にあるM1。同サイトは「BMW社内で市販化が承認されれば、2015年にもデビューするだろう」とレポートしている。




| モーター | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ゴリラ」シリーズ

パナソニック、ポータブルナビ「ゴリラ」シリーズのラインアップを拡充

 パナソニックは、ポータブルナビゲーション「ゴリラ」シリーズのラインアップを大幅に拡充し、地上デジタル放送のフルセグとワンセグが視聴できる9機種を6月10日から順次発売する。フルセグ対応モデルが「CN-SP707FVL」「CN-GP700FVD」「CN-GP600FVD」「CN-SP505VL」の4機種、ワンセグ対応モデルが「CN-SL305L」「CN-GL300D」「CN-GL410D」「CN-SP705L」「CN-SP605FVL」の5機種。いずれの機種も、最大3年間(2014年7月31日まで)、道路マップを無料で更新することができる。

 「CN-SP707FVL」「CN-GP700FVD」「CN-SP605FVL」「CN-GP600FVD」は、フルセグ地デジチューナーを搭載し、ツインスピーカーやツインロッドアンテナ、外部アンテナ入力端子によって、家でも地デジ放送を視聴できる。後部座席でもリアモニタで地デジ視聴ができるよう、外部映像・音声出力端子を備える。

 「CN-SP707FVL」「CN-GP700FVD」「CN-GP600FVD」は16GBのSSDを搭載し、1303エリアの市街詳細地図を収録する。

 「CN-SP707FVL」「CN-GP700FVD」「CN-SP605FVL」「CN-GP600FVD」「CN-SP505VL」「CN-GL410D」は、「Gジャイロ」と0.2秒ごとの測位によって、高精度な自車位置測位と滑らかな自車位置移動を実現した。「CN-GL410D」「CN-SL305L」「CN-GL300D」は、計算機やスライドパズルなど、「Gアプリ」に対応している。

 「CN-SP505VL」「CN-GL410D」「CN-SL305L」「CN-GL300D」はリチウムイオンバッテリを内蔵し、車外に持ち出して使用できる。「CN-GL410D」は、「おでかけウォーク」で、階段の昇り降りや横断歩道など、歩行に適したルートを案内することができる。

 サイズは、7V型液晶搭載の「CN-SP707FVL」「CN-GP700FVD」が幅177×高さ108×奥行き24mmで、重さ430g。6.2V型の「CN-SP605FVL」「CN-GP600FVD」が幅157×高さ103×奥行き23mmで、重さ355g。7V型の「CN-SP705L」が幅179.0×高さ109.0×奥行き23.4mmで、重さ400g。5V型の「CN-SP505VL」が幅131.0×高さ85.0×奥行き17.5mmで、重さ210g。5V型の「CN-GL410D」が幅128.0×高さ85.0×奥行き17.3mmで、重さ215g。5V型の「CN-SL305L」「CN-GL300D」が幅128.0×高さ85.0×奥行き18.8mmで、重さ215g。

 発売日と実勢価格は、「CN-SL305L」「CN-GL300D」は6月10日発売で4万円前後、「CN-GL410D」は7月1日発売で5万〜6万円前後、「CN-SP705L」は7月中旬発売で6万〜7万円前後、「CN-SP707FVL」「CN-GP700FVD」は7月下旬の発売で9万〜10万円前後、「CN-SP605FVL」は7月下旬発売で8万円前後、「CN-GP600FVD」が7月下旬発売で8万〜9万円前後、「CN-SP505VL」が8月上旬発売で5万〜6万円前後の見込み。




| モーター | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
911カレラ4 GTS

ポルシェ、911カレラGTSに4WDモデル

 ポルシェは、カレラモデルの頂点に立つ、新たなトップモデル『911カレラ4 GTS』を発表した。なお、このモデルにはクーペとカブリオレが用意され、2011年7月から世界各国のマーケットに順次導入が開始される予定だ。

 『911カレラ4 GTS』は、3.8リッター6気筒エンジンを搭載。このエンジンは、カレラSのものをベースにするが、インテークマニホールドの最適化により23psパワーアップし、最大出力408psを発生する。この改良型インテークシステムは、最高出力の向上だけでなく、低・中回転域トルクに優れ、追い越し時の加速性能とレスポンス向上にも貢献している。

 そのパフォーマンスは、0‐100km/h加速で、7速PDKのクーペが4.4秒、カブリオレが4.6秒という数値が示している。

 その一方、燃費性能にも優れ、これまでのカレラ4Sモデルより大幅に向上。新ヨーロッパ走行サイクル(NEFZ)で、クーペが11.0L/100km(9.1km/L)、カブリオレが11.2L/100 km(8.9km/L)を記録する。

 駆動方式は、モデル名が示すように4WD。このシステムには、マルチプレートクラッチを介して、それぞれの走行状況に応じてエンジントルクをフロントアクスルに最適に配分する、PTM(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)が採用され、走行安定性やトラクション、ハンドリング性能が高められている。

 また、ディテールは後輪駆動モデルと区別され、ボディをワイド化するとともに、ドアやリヤフードにモデル名を示すロゴやバッジが装着されるほか、テールライト間に4輪駆動モデルであることを示すリフレクターストラップを追加する。

 足もとは、ブラック塗装のセンターロック式19インチRSスパイダーホイールに、305/30 ZR19(リヤ)のタイヤを装着。ブラック塗装したテールパイプアウターシェルのスポーツエグゾーストシステムは、スポーティなサウンドを奏でるとともに、個性的なリヤビューを演出する。このほか、ブラック塗装リップスポイラー付きのスポーツデザインフロントエプロンや、ブラック仕上げのサイドスカートが、スポーティさを強調する。

 インテリアは、運転席と助手席ともにスポーツシートを装備。レザーインテリアのほか、GTS専用装備として、センターセクションにブラックのアルカンターラを配したスポーティシート、ステアリングホイールのリムやシフトレバー、パーキングブレーキレバー、ドアハンドル、ドアポケットのカバーとエクステンションが標準で装備される。




| モーター | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クライスラー300S

雰囲気はアウトロー、クライスラー300S登場

 クライスラーは、大型セダン“300C”の派生モデルとなる“300S”を、2011年第3四半期に発売すると発表した。

 300Sは、300Cをベースに、それとは異なる雰囲気の内外装を演出するモデルだ。300Cがトラディショナルな高級感をもつフルサイズセダンであるのに対し、300Sは、クロームパーツやウッドといった高級車に用いられる定番加飾の代わりに、20インチのポリッシュタイプのアルミホイールやマット仕上げのカーボンパネル、レッドまたはブラックレザーなどといった大胆な色の素材を用いることで、ストリート色の強い、刺激的な雰囲気に仕上げられたモデルだ。

 またAVシステムも、522W・12チャネルの高出力アンプ、ウーファー付き10スピーカーシステムや大型タッチスクリーンパネルなどを特徴とする専用チューンのものを備え、若者にアピールする。

 モデルバリエーションは、3.6リッターエンジン(292hp)搭載の“300S V-6”と、5.7リッターHEMI (363hp)搭載の“200S V-8”、加えてそれぞれのAWD(4WD)モデルが設定される。

 300Sは、アメリカで今秋の発売が予定されている。




| モーター | 12:10 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ザ ビートル

VW、上海で次世代ビートルを発表

 18日夜、VWは上海オートショー前夜に新型ビートル「ザ ビートル」を三大大陸で同時公開した。上海のレセプション会場のレポートと写真をお届けする。

 先代ニュービートルが3つの半円を組み合わせたフォルムを持つのに対し、新型は全長4278(+152)×全幅1808(+84)×全高1486(−12)mm、ホイールベース2537mmと長さと幅を拡大しつつ、ルーフ高を抑えている(括弧内は先代との比較値)。

 水平基調のフロントバンパー周りにはポロから始まった意匠が反復され、A〜Cピラーまでのクリアなラインやテールランプ周りなどにもVWのDNAがちりばめられた。キセノンヘッドライト仕様には15個のLEDデイタイムランニングライトが組み込まれる。

 また、インテリアにはボディと同色(もしくはカーボン調)が反復される。標準装備のオーディオは8スピーカーのRCD310だが、フェンダー社とパナソニックが共同開発したフェンダーサウンドシステムもオプション設定される。ラゲッジルームは先代の209リッター→310リッターに拡大した。

 ザ ビートルのエンジンはグローバル仕様では105ps(18.2km/L)、160ps(16.9km/L)、200ps(13.5km/L)の3タイプの直噴ガソリンエンジンに加え、105ps(23.3km/L)と140ps(20.4km/L)のディーゼルエンジンも用意。

 発売開始は北米が9〜10月、欧州が10〜12月、アジアが2012年の2月を予定。





| モーター | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Playing for Change: Songs Around the World
Playing for Change: Songs Around the World (JUGEMレビュー »)
Playing for Change
YouTubeで話題になったヤツ。Stand By Meは最高だな。

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ガソリン価格情報

ブログパーツ

-Supported by ブログパーツ屋-

gogo.gs

楽天カードでポイント生活はじめよう!

infoQリサーチコミュニティ

新規モニター登録

オヌヌメポイントサイト

ぶたちょき gooリサーチモニターに登録!

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS