スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
EXILIM EX-ZR15

カシオ、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM EX-ZR15」、ハイスピード技術が進化

 カシオ計算機は、独自のハイスピード技術による背景ぼかしや超広角撮影など、多彩な撮影機能を備えるコンパクトデジタルカメラ「EXLIM EX-ZR15」を9月22日に発売する。

 有効画素数1610万画素のCMOSセンサ、35mmフィルム換算で約28〜196mmの光学7倍ズームレンズを搭載。複数の画像情報を合成する「マルチフレーム超解像技術」によって、画質の劣化を抑えながら最大14倍までのズーム撮影ができる。

 マルチCPUと二つの画像処理回路、リコンフィギュラブルプロセッサを搭載した画像処理エンジン「EXILIM ENGINE HS」で、高速撮影と高速・高精度な画像解析・処理を実現。0.99秒の高速起動や0.13秒の高速オートフォーカス、最短0.29秒の撮影間隔、約1.8秒のシャットダウンなど、各種操作をスピーディに、ストレスなく撮影できる。

 露出の異なる連写画像を1枚に合成し、階調豊かな写真を撮影できるHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載。被写体ブレ抑制機能によって、連写中に被写体ブレが発生してもブレの少ない美しいHDR画像が撮影できる。

 HDR画像に、局所的にコントラストや彩度の強弱をつけることで芸術的な写真をつくり出すカシオ独自の「HDRアート」機能を搭載。アート効果は3段階で調整でき、ムービー撮影でも使用できる。

 高速連写技術を利用することで背景をぼかして被写体を浮き立たせる「背景ぼかし」や、カメラを動かしながら撮影した画像を合成して35mmフィルム換算で17/21mm相当の超広角画像をつくる「ワイドショット」、カメラを動かすだけで自然なパノラマ撮影ができる「スライドパノラマ」などの撮影機能を備える。

 対応メディアは、SD/SDHC/SDXCカード。サイズは幅101.9×高さ58.7×厚さ27.4mmで、重さは約176g。カラーは、ゴールド、ブラック、レッド、ホワイトの4色で、ゴールドは9月22日に、ブラック、レッド、ホワイトは10月7日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。





| デジカメ | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PENTAX 645D japan

HOYA、漆仕上げの中判カメラ、特別仕様の「PENTAX 645D japan」を受注販売
 HOYAのPENTAXイメージング・システム事業部は、中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」が「カメラグランプリ 2011 大賞」を受賞したことを記念して、外装を漆で仕上げた特別仕様の「PENTAX 645D japan」を、7月20日〜9月20日の2か月間、期間限定で受注販売する。価格はオープンで、実勢価格は120万円前後の見込み。

 外装に、福島県会津若松市の坂本乙造商店が開発した漆塗り手法による漆仕上げを採用。黒漆をベースに、何種類もの銀箔をちぎり絵のように貼り込み、ボルドー着色塗装を施すことで、高級感に加えて奥行き感をもたせた。手づくりで丹念に仕上げるため、一台一台が微妙に異なる風合いをもつ。

 ボディ前面の「PENTAX」ロゴと、上面のモードダイヤル銘板の凸部は金メッキ処理。グリップのラバー部は、ツヤのある半光沢の黒に仕上げた。特別仕様のストラップには、「Camera GP 2011 Camera of The Year」の文字と「PENTAX 645D」のロゴが金色で入る。

 フォーカシングスクリーンには、専用のセンタースポットマット「DS-80」を、またボディマウントキャップはツヤのあるブラック塗装の専用品を装着。上面LCDのバックライトはグリーンからホワイトに変更した。ファームウェアは、別売のGPSユニット「O-GPS1」に対応した最新バージョンをインストールしている。

 ボディには、限定モデルだけのシリアルナンバーが入る。「カメラグランプリ 2011 大賞」のロゴマークをレーザーで刻印した特別仕様の桐製化粧箱入り。

 2010年5月発売の「PENTAX 645D」は、有効約4000万画素の大型CCDセンサと堅牢性の高い防塵防滴仕様のボディをもつ中判デジタル一眼レフカメラ。レンズと撮像素子の本来の解像力を引き出すローパスフィルターレス設計で、超高精細・超高画質の画像を実現するためのさまざまな撮影機能を備える。





| デジカメ | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Capture Camera Clip System

一眼レフカメラをベルトなどに装着して持ち歩ける「Capture Camera Clip System」

一眼レフカメラで写真を撮るのが趣味だという人であれば、多くの人がカメラを入れる専用のバッグを持っていると思いますが、バッグに収納してしまうといざという時にすぐに取り出せずに困ることがあります。しかし、一眼レフカメラはコンパクトデジカメに比べるとかなり大きく、首から提げて歩くのは重くて大変な上に、どこかにぶつけてしまう可能性もあります。

そんな悩みを解決するのが「Capture Camera Clip System」。ベルトなどにカメラを装着できるようになるので、いざというときすぐにカメラを手にして写真を撮ることができるようになります。

アイテムの詳細を解説したムービーは以下から。

Capture Camera Clip System by Peter Dering - Kickstarter

記事全文




| デジカメ | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
EOS Kiss X5 X50

キヤノン、バリアングルモニタのデジ一眼「EOS Kiss X5」と赤を揃える「EOS Kiss X50」

 キヤノンは、デジタル一眼カメラ「EOS Kiss」シリーズとして初めてバリアングルモニタを搭載した「EOS Kiss X5」と、レッドとブラックのカラーバリエーションをもつ「EOS Kiss X50」を発表した。
 「EOS Kiss X5」は、シリーズとして初めて3.0型のバリアングル液晶モニタを搭載したモデル。角度調整ができるモニタを見ながら、ハイ/ローアングルでの撮影が簡単にできる。主に、子どもをもつファミリー層をユーザーとして想定した。

 屋外や人物、夕景など撮影シーンを自動で解析して、露出やピントなどを最適な状態に設定する機能「シーンインテリジェントオート」を採用。また、「魚眼」「トイカメラ」「ジオラマ」などの特殊効果を加える「クリエイティブフィルター」や、「ふんわりやわらかく」「くっきり鮮やかに」などイメージを選んで写真の雰囲気を設定する「表現セレクト」など、作品づくりに役立つ機能を備える。

 動画撮影機能として、撮影した動画とBGMを組み合わせて簡単に短いムービー作品を作ることができる「ビデオスナップ」や、約3-10倍までズームができる「動画デジタルズーム」を搭載。1920×1080ピクセルのフルハイビジョン画質に対応する。

 撮像素子は、約1800万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサ、常用ISO感度はISO100-6400。感度は最大ISO12800まで拡張することができる。記録媒体はSD/SDHC/SDXCカード。サイズは幅133.1×高さ99.5×奥行き79.7mm、重さは約515g。

 ラインアップと実勢価格は、ボディ単体が9万円前後、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」が付属する「EOS Kiss X5・EF-S18-55 IS II レンズキット」が10万円前後、レンズキットに望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」が付属する「EOS Kiss X5・ダブルズームキット」が13万円前後の見込み。いずれも3月3日に発売する。

 「EOS Kiss X50」は、カラーバリエーションとして一般的なブラックに加えて、レッドを揃える。コンパクトデジタルカメラからの買替え層や若いユーザーをターゲットにした。背面の各種ボタンやダイヤルをグリップのある右側に集中し、片手でボディを握っていても操作しやすくした。

 最大約3コマ/秒の連続撮影ができる。また「X5」と同様、イメージを選んで写真の雰囲気を設定する「表現セレクト」などを備える。このほか、1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影に対応する。

 撮像素子は有効約1220万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサ、常用ISO感度はISO100-6400。記録媒体はSD/SDHC/SDXCカード。モニタは2.7型液晶。ボディのサイズは、幅129.9×高さ99.7×奥行き77.9mm、重さは約450g。

 ラインアップと実勢価格は、ボディ単体(受注生産)が5万円前後、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」が付属する「EOS Kiss X50・EF-S18-55 IS IIレンズキット」が6万円前後の見込み。

 また、レンズキットに、望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」が付属する「EOS Kiss X50・ダブルズームキット」が9万円前後、レンズキットに単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」が付属する「EOS Kiss X50・こだわりスナップキット」が7万円前後の見込み。いずれも3月下旬の発売を予定する。





| デジカメ | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GC-PX1

ビクター、決定的瞬間を逃がさないHDハイブリッドカメラ「GC-PX1」

 日本ビクター(JVC)は、デジタルカメラとビデオカメラを融合させた新しいコンセプトのHDハイブリッドカメラ「GC-PX1」を、2月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

 堅牢なデジタルカメラスタイルのボディに、新高画質画像処理エンジン「FALCONBRID(ファルコンブリッド)」を搭載し、60コマ/秒・最大144枚の高速連写や、2時間連続300fpsハイスピード撮影を実現した。鳥の羽ばたきや特急列車のすれ違う瞬間など、肉眼では捉えられない決定的瞬間を捉えることができる。最大36Mbps 1920×1080/60pプログレッシブ方式によるフルハイビジョン動画の撮影に対応する。

 1/2.3型の総画素1062万画素CMOSセンサ、光学10倍ズームの「コニカミノルタHDレンズ」、独自の光学式手ブレ補正システムを搭載する。有効画素数は動画576万画素、静止画998万画素。記録媒体は32GBの内蔵メモリとSDXC/SDHC/SDメモリカード(Eye-Fi カード対応)。カラーはシルバー。ボディ部には仕上げにこだわったマグネシウム合金を採用した。サイズは幅131×高さ67×奥行き122mm、本体のみの重さは約430g。

 「GC-PX1」は、動画撮影機能を重視した製品が増えているデジタルカメラと、動画メインのデジタルビデオカメラをクロスさせた新たな市場の開拓を目指して開発したもの。既存の家庭用ビデオカメラ「Everio(エブリオ)」「PICSIO(ピクシオ)」シリーズとは別に展開する。



記事全文




| デジカメ | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
EX-ZR10

カシオ、アートな写真を撮影できるハイスピード対応コンデジ「EX-ZR10」

 カシオ計算機は、コンパクトデジタルカメラの新製品として、ハイダイナミックレンジ技術を駆使して芸術的な写真を撮影できる「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR10」と、位置情報付きの写真をどこでも撮影できる「ハイブリッドGPS」を搭載する「EXILIM EX-H20G」を11月26日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はともに3万9800円前後の見込み。

 「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR10」は、高速撮影機能と高速画像処理を融合した新画像処理エンジン「EXILIM ENGINE HS」を搭載。高速連写性能を生かして、露出の違う連写画像を合成し、ダイナミックレンジが広がった1枚の画像に収めるHDR(High Dynamic Range/ハイダイナミックレンジ)を備える。白トビや黒ツブレを抑えて、明るいところから暗いところまで、鮮明に再現した写真が撮影できる。

記事全文





| デジカメ | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
EOS 60D

キヤノン、デジタル一眼の中級機「EOS 60D」、バリアングルモニタ搭載

 キヤノンは、8月26日、デジタル一眼カメラ「EOSシリーズ」の新製品として、モニタにバリアングル式液晶を採用した「EOS 60D」を9月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。

  EOSシリーズとして初めてバリアングル式液晶を搭載し、ハイアングルやローアングルなど多彩な撮影スタイルに対応する。モニタサイズは3型で、ヒンジは左側に備える。また、有効画素数をEOS 50Dの約1510万画素から約1800万画素に向上したほか、ISOは常用で100-3200から100-6400まで高めている。ボディ単体重量は、 EOS 50Dの約730gから約675gに小型・軽量化を図った。

 1920×1080画素のフルハイビジョンでの動画撮影にも対応。EOSシリーズとして初めてカメラ内でRAW画像の現像ができるようになった。撮像素子にはAPS-CサイズのCMOSセンサを搭載し、画像処理エンジン「DIGIC 4」と組み合わせることで、高精細な写真を記録する。

 約5.3コマ/秒の高速連写が可能。測距点は9点。撮影機能として、「ふんわりやわらかく」「くっきり鮮やかに」など、好みの風合いを指定して撮影する「表現セレクト機能」を装備。シリーズ初搭載の「アートフィルター機能」は、「ラフモノクロ」「ソフトフォーカス」「トイカメラ風」「ジオラマ風」の4種類を揃え、作品づくりが楽しめる。いずれの機能も、モニタで写真の変化を確認することができる。

記事全文





| デジカメ | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
IXY 50S

キヤノン、光学10倍ズームレンズ搭載で世界最薄ボディのIXY 50S

 キヤノンは、光学10倍ズーム搭載モデルとして世界最薄ボディを実現したコンパクトデジタルカメラ「IXY 50S」を9月9日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

 IXYシリーズとして初めて光学10倍ズームレンズを搭載。新たに開発した「屈曲沈胴プリズム退避鏡筒」と、高度な実装技術によって高画質化を図るとともに、光学10倍ズームレンズ搭載モデルとして世界最薄の22.3mmを実現した。

 ノイズの発生が少ない高感度センサと、高い処理能力を誇るキヤノン独自の映像エンジン「DIGIC」を組み合わせた「HS SYSTEM」を採用。高感度撮影や暗いシーンでの手持ち撮影でも、手ブレや被写体ブレ、ノイズを抑え、その場の雰囲気を生かした写真が撮影できる。

 IXYシリーズとして初めて1920×1080画素のフルHD動画撮影機能を搭載。撮影シーンを判別し、設定と画像処理を自動的に行う「こだわりムービー」やステレオマイク、すばやく動画撮影を開始できる「ムービーボタン」などを備え、臨場感のある高画質な動画が撮影できる。

 レンズはF3.4-5.6。35mmフィルム換算で36-360mm相当の10倍ズームで、撮像素子には有効約1060万画素の1/2.3型高感度 CMOSセンサ(裏面照射型)を採用。金属に比べ摩擦抵抗が少なく応答性の高い「セラミックボール支持方式」のレンズシフト式手ブレ補正機能を搭載する。

 本体サイズは幅101.3×高さ58.5×奥行き22.3mm。重さは約190g。カラーバリエーションは、ブラウン、ピンク、シルバーの3色。





| デジカメ | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
EX-FC160S

ゴルフのレッスンに最適! ハイスピードエクシリムの新製品「EX-FC160S」

 カシオ計算機は、高速連写が可能なデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM(ハイスピードエクシリム)」の新製品として、ゴルフのスイングがチェックできる「EX-FC160S」を8月27日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。カラーはレッド。

 ゴルファー向けハイスピードデジタルカメラの第2弾。撮像素子に有効1010万画素の裏面照射型CMOSを採用し、光学5倍ズームレンズを搭載した「EX-FC150」をベースに、ゴルフのスイングチェックに役立つ機能を搭載。撮影した動画ごとのガイドラインを記録できるなど、実用性をさらに高めた。

 飛球線の後方から撮影した映像でチェックする場合は、スイングの動画再生時に、アドレスしたボールと首の付け根を結んだ「スイングプレーン」、アドレスしたボールとクラブのシャフトを結んだ「シャフトプレーン」のライン2本を表示する。これにより、バックスイングからフィニッシュまでクラブヘッドやシャフトが2本のライン間にできるV字形の範囲をはみ出さなければ良いスイングになることがわかる。

 また、体の正面から撮影した映像でチェックする場合は、スイングの動画再生時に、縦2本のラインをスタンス幅(両足外側)に、横2本のラインを頭の上とボールの下に合わせることで、バックスイングからフィニッシュまで体が枠内に収まっていれば良いスイングになることが把握できる。

 このほか、「EX-FC160S」の広告キャラクターとして起用する女子プロゴルファーの有村智恵選手の監修によるスイングチェックの解説ハンドブックが付属する。

 同社は昨年、カードサイズのハイスピードデジタルカメラ「EX-FS10」をベースモデルに、ゴルフのスイングチェックに役立つ機能を搭載した「EX- FS10S」を発売。ハイスピードムービーで撮影した超スロー映像とカメラの液晶モニターに表示されるガイドラインを使ってゴルフのスイングをチェックできることから人気を博した。





| デジカメ | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アクアショットゴーグル

センチュリー、ゴーグルで水中撮影!? リングをかざしてカメラを操作

 センチュリーは、水中撮影ができるカメラ一体型ゴーグル「アクアショットゴーグル」を発売する。価格は9800円。通販サイト「白箱.com」で販売する。

 水中ゴーグルの上部にカメラを備え、水中で泳ぎながら撮影することができる。電源のオン・オフや動画、写真の撮影は、付属のマグネットリングを本体の上部にあるセンサにかざして操作する。カメラには200万画素のCMOSセンサを搭載し、音声付きの動画と写真を撮影できる。水深20mまで対応する。

 記録フォーマットは、動画がAVI、写真がJPG。PCと本体をUSBケーブルで接続すれば、撮影したデータをPCに転送することもできる。対応OS は、Windows 7/Vista/XP/2000。記録媒体は容量8GBの内蔵メモリ。電源は充電式リチウムイオンバッテリ。重さは230g。





| デジカメ | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Playing for Change: Songs Around the World
Playing for Change: Songs Around the World (JUGEMレビュー »)
Playing for Change
YouTubeで話題になったヤツ。Stand By Meは最高だな。

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ガソリン価格情報

ブログパーツ

-Supported by ブログパーツ屋-

gogo.gs

楽天カードでポイント生活はじめよう!

infoQリサーチコミュニティ

新規モニター登録

オヌヌメポイントサイト

ぶたちょき gooリサーチモニターに登録!

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS